初級教室とは

演劇ユニット 初級教室 紹介

主宰・脚本演出の太田実と劇作の三鈴慶太郎、二人がそれぞれの特徴を表した脚本を交互に上演するスタイル。


太田がリアルな現代描写。三鈴がユーモアと空想的世界。共通するモチーフは、現代に潜む人間相互の問題や家族の有りよう。脱力系のユーモアと、せつなさを同居させる作風。


役者メンバー、 江口賢次郎、岡崎篤資、門田学の5人で活動中。

初級教室のらくがき

太田実プロフィール 主宰 作・演出

映画監督として1996年文化庁新進芸術家インターンシップ国内研修員に選ばれ日本映画の中の児童劇を研究。
NHK・サンダンス国際映像作家賞2001で脚本「レール・ジャーニー」が国内ベスト11。
(東映)「ボクの犬小屋日記」(03)がキネマ旬報2003年度文化映画部門17位。
(06)演劇ユニット初級教室 結成。
(08)第1回公演「恋愛研究所」で旗揚げ。

(02)「セブンフェアリーズ〜乙女裁判〜」 KBS京都・SUNTV共同制作 全話 脚本・監督
(06)「推定フェルメールNo.37」 出演 竹中直人、佐藤康恵
(05)「季節が変わる時3」 出演 藤崎奈々子、光石研、吉井玲
(06)「交通捜査官−三浦哲夫−」(東映)出演 渡辺いっけい、前田耕陽
(09)「わが街・やまと」出演 中村知里、山下雄大、千葉真理、星野俊江
(12)「ジュリエットとロミオが12人」出演 工藤雄作、えんだ勝美、水沢朋香、花澤豊孝
(19)「ペーパーワールド」出演 大西美香、工藤雄作、黒澤尚子、鈴木理那、白木誠
などの監督作品がある。

初級教室